ありがた迷惑

世の中には、ありがた迷惑という言葉がある。あまり関わって欲しくないのに、馴れ馴れしく、「善意」を振りかざして、あれやこれやと関わってくる。「あんたにかまってもらっても、どうなる訳じゃない、解決できるのは自分自身なんだから」と突き放したいのだが、「善意」を振りかざしてくるから、むげに拒絶する訳にもいかず、本当に困ってしまい、どうしても「ありがとうございます。感謝しています」などと口走ってしまう。世の中難しいもんだ。結構、「労働者の連帯」という時、ありがた迷惑的?な事も多い。「労働者の連帯」が「善意」とすりかわって受け止められる事が多いからだ。「善意」などという「偽善」・「欺瞞」は、打ち破らねばならない。しかし、労働者相互の連帯・相互扶助は本当に必要なことだと思う。いくら、労働者解放の理念を高らかに掲げても、目の前にいる貧困にあえぐ労働者や被差別・被抑圧民衆の姿を見て見ぬふりして通り過ぎる連帯などは糞喰らえだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック