独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 在特会らの街宣行動を許さない!

<<   作成日時 : 2011/05/29 09:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

三日ほど前に、『・・・略・・・私たち「排外主義とたたかうネットワーク関西」は、在特会の差別排外主義扇動と暴力を絶対に許すわけにはいきません。在特会や、それと緊密な関係をもつ主権回復を目指す会などは2009年12月13日にも生野においてデモ行進を行い「生野で戦争をしてやる」などと絶叫しました。私たちは、生野という在日の人々の生活領域に対する攻撃は看過するわけにはいきません。緊急の行動ではありますが、ぜひ以下の行動への結集を呼びかけたいと思います。生野の民衆とともに排外主義を許さない声をあげていきましょう。・・・略・・・
というメールが入ってきました。
在特会が、5月28日に大阪・生野において「街宣巡りの旅」なる排外主義街宣活動をすると言うことで、それを許さない行動の呼びかけメールでした。すごく緊急な取り組みだな!と思いつつ、参加することにしました。

在特会の「街宣巡りの旅」なる排外主義街宣活動は、「良い朝鮮人は息をしなくなった朝鮮人だけ」などと在日朝鮮人の殺害を煽動する目的で行われるもので、そんな在特会の行動を絶対許せない思いで参加してきました。在特会は当初今里から鶴橋まで「街宣巡りの旅」なるものを計画していたようですが、雨のため鶴橋駅前のカード下でコソコソと20人程度で、午後3時半ぐらいから1時間ほどの排外主義煽動を行いました。

私は「排外主義とたたかうネットワーク関西」の人々と共に、午後2時半ぐらいから、在特会を許さないチラシを撒いて連中に対抗する行動を行いました。ただ警察は、連中の街宣場所から100メートルほど離れた地点から動けないようにしたため直接連中を弾劾する事はできませんでしたが、マイクでの我々の訴えには通行する多くの人の反応はよく、ある若者は「僕も在日です。怒ってます」とビラを受け取ってくれたり、又ある宗教団体に所属する2人の青年は色々連中のことを話しかけてきてくれたりしました。
そんな中、突然横断歩道の反対方向から、何やら訳のわからん事を大声を出しながら我々の方に向かってくる輩が現れました。よく見ると例のチーム関西の「荒巻・某」です。又、私たちのまえを通りすぐに「排害社」なる腕章をつけ大声で出す輩が現れたりしました。大声を出せば、すぐに警察が現れ守ってくれる事を前提とした連中の姿を拝見させてもらいました。

そんな事がありつつ、差別排外主義を許さない情宣活動を5時近くまで行いました。しかし、雨の中傘をさしながらのチラシ配りは疲れました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
在特会らの街宣行動を許さない! 独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる